fbpx

掘り下げるとキリのない深い国イタリア

歴史や文化の特色がとても濃いイタリア。

どれか一つを取り上げてみても、深すぎて掘り下げきれない面白さに溢れています。

今回はざっくりとイタリアそのものについて触れてみます。

色鮮やかな国イタリア

温暖で雨が少なめの気候であり、四季がはっきりと分かれている国です。

春夏秋冬で、国を挙げて楽しめるイベントを進めるイタリアは、同じく四季を楽しむ日本と変わらぬ明るさがあります。

また、食文化や思考などは、深い歴史の中で様々な国同士のぶつかり合いを経て、現在に至るため、とても多様なものがあるのです。

アメリカとは異なる、民族同士の固まり方を形にした国といってもよいかも知れません。

1)元は今のイタリアではなかった様々な国の文化

アメリカ合衆国のように、最終的に多民族同士が住むようになった国。ではなく、他の国がそもそもイタリアの土地を含めて近隣諸国を納めていました。

しかも、ちょっとした部族の国ではなく、かなりの大帝国です。

途中から合体していたり、重ねて国として納めていたりと、とても複雑です。

掘り下げるとまさにキリがないお題の一つですね。なのでそこは掘り下げません。

しかし、何重にも重なる様々な国の文化が現在の色鮮やかなイタリア文化を育んできたものであると考えると、とても納得ができます。

考え方、料理、芸術、産業、全てで例外なく「歴史」を持っています。

2)メニューに困るときはイタリア料理

多様な文化形成をなしてきたイタリアの料理は、彩り鮮やかで野菜たっぷりの美味しい料理が沢山。

トマトとチーズがあればそれだけで、何種類か料理が生まれてしまいます。

日本でも某ファミリーレストランで楽しめて、昭和後期・平成初期にはイタリア料理がブームになるほどでした。

食べやすくて、飽きの来ない味わいはいつでもどんなときでも楽しめるため、もしも昼や夕飯のメニューに悩んでしまうならば、イタリア料理を選んでみてはいかがでしょう。

まず、間違いはありません。

3)職人技が光るイタリアの産業

イタリアの職人は、日本とは異なる考え方を持ってエンドユーザーに喜ばれることに意識を向けている人がとても多いです。

日本の職人でも同様に考えている人は少なくはないはずですが、業種や流通、取り扱い店舗の関係などが様々なニーズがそもそも異なるため、イタリアほどユーザーサイドに寄り添えていない実情があります。

イタリアで家具が製作されると、おおまかには日本と変わらず丁寧に形づくっていきますが、最終工程は「どのような使い方を好むユーザーなのか」に重きを置いて、独特な技で仕上げていきます。

この独特な仕上げの技を習得するために、イタリアの各職人の元へと弟子に入る研修制度を取り入れている専門学校があるほど。

国の中にある一中小企業が、ダイレクトに他国を相手に商談を進められる力を持つことから、そのこだわりから生まれる力がどのくらいのものかがよく分かります。

海外旅行するならまずはイタリアへ

思考一つとっても、とても特徴的なイタリア。

ビジネスマンの休憩一つとっても、特徴的で興味深いものがあります。

もしも、他国へ行ってみたいがどこへ行こうか決まっていないというのであれば、イタリアをおすすめします。

見るもの、聞くもの、話すもの。そのどれもに共感と新鮮さを感じて、新しい自身の開拓へと繋がっていくのではないでしょうか。

<こちらの記事もお読みください>

☆【仕事の効率化】イタリア人に学ぶ働き方

☆海洋国イタリアのお魚料理

Authorized eCommerce Dealer
line QR
Copyright © italiadesign.jp
searchusertwitter-squarefacebook-squarelinkedin-squarephonepinterest-squareenvelopeangle-double-upyoutube-squareinstagramshopping-bag
linkedin facebook pinterest youtube rss twitter instagram facebook-blank rss-blank linkedin-blank pinterest youtube twitter instagram